練習問題一覧(AWS ソリューションアーキテクトアソシエイト)

AWS認定資格試験の中で、「クラウドプラクティショナー」の次に受ける人が多いと思われる「ソリューションアーキテクトアソシエイト」の練習問題です。
個々のサービスの一段深い知識に加えて、複数のサービスの連携をどのようにするべきかという知識が求められます。

このページはスマートフォンにも対応しています。通勤・通学途中などのスキマ時間での学習にご利用ください。以下はこのページのQRコードです。

https://studyand.work/list-question-aws-saa
Noテーマ
1パブリックサブネットとプライベートサブネット
2プライベートサブネットからのインターネット接続
3サブネットの基本
4セキュリティグループの基本
5ネットワークACLの基本
6ルートテーブルの基本
7インターネットGWの基本
8仮想プライベートGWの基本
9インスタンスからS3サービスの利用
10異なるアカウントのEC2間の通信
11VPC内の通信の解析
12Cloudfrontの利用
13Route53によるABテストを実施
14EC2の料金の考え方
15スポットインスタンスの基本
16EC2のリザーブドインスタンスについて
17EC2へのSSH接続
18EC2インスタンス内メモリデータの再利用
19セカンダリインスタンスへの切り替え
20ELBを利用したスケールアウトによる負荷分散
21ELB(Elastic Load Balancing)のヘルスチェック
22ALB配下の単一インスタンス障害時動作
23AWS Auto Scaling の基本
24ELBとAWS Auto Scaling
25ECSによる負荷分散
26Lambdaによるサーバレスシステム
27Lambdaの料金体系
28イベントの検知
29ログの統合管理
30イベントによる処理実行
31AWSの監査ログ
32EBS(ビッグデータ処理に最適なストレージ)
33EBS(データベース処理に最適なストレージ)
34EBSの暗号化
35Amazon EFSの設計
36S3内データの検索機能
37S3への一時的なアクセス許可
38S3のライフサイクル管理
39S3内コンテンツのWEB公開
40S3のアクセス制御
41S3のデータ暗号化
42WEBクライアントアプリからのストレージアクセス
43Glacierを利用したストレージコスト削減
44Storage Gatewayの適切なタイプ(1)
45Storage Gatewayの適切なタイプ(2)
46Storage Gatewayの適切なタイプ(3)
47Storage Gatewayの適切なタイプ(4)
48S3のキャッシュ利用構成
49RDSによる耐障害性構成
50RDSによるスケールアウト構成
51RDSのバックアップ
52RDSのセキュリティ
53RDSのデータセンタ障害対応構成
54Auroraの特徴
55Auroraへの接続
56Amazon Redshiftの特徴(1)
57Amazon Redshiftの特徴(2)
58DynamoDBの特徴
59ElastiCacheの特徴
60管理ポリシーとインラインポリシー
61ロールの基本
62異なるアカウントへのアクセス委任
63CloudHSMの特徴
64AWS KMS(Key Management Service)の特徴
65AWS Certificate Managerの特徴
66キューサービス(Amazon SQS)の適切な利用(1)
67キューサービス(Amazon SQS)の適切な利用(2)
68AWS Step Functions の特徴
69メトリクス監視と通知処理の設計
70開発環境ツール(AWS CodeCommit)の特徴
71開発者ツール(AWS CodeBuild)の特徴
72開発者ツール(AWS CodeDeploy)の特徴
73開発者ツール(AWS CodePipeline)の特徴
74AWS Elastic Beanstalkの特徴
75Optworksの特徴
76CloudFormationの特徴