東証一部上場企業のホームページ設置場所の分析

クラウド

東証一部上場企業のホームページ設置場所の分析をしてみました。
昨年も同じことを個人的に実施しており、状況変化はどんなものかなと思った次第です。
2019年12月調査時はAWSがトップでした。

分析結果

以下が分析結果となります。2020年12月時のサイト数降順に並べています。

No企業名サイト数
(2019年12月)
サイト数
(2020年12月)
前年比
1AWS35343222%
2さくらインターネット182164-10%
3KDDIウェブコミュニケーションズ1471577%
4アカマイ・テクノロジーズ12313611%
5NTTコミュニケーションズ152134-12%
6IDCフロンティア129126-2%
7NTTPCコミュニケーションズ11298-13%
8インターネットイニシアティブ10494-10%
9GMO59625%
10マイクロソフト536115%
11その他742713-4%

感想

2020年もAWSがトップでした。しかも、さらに2位との差を広げています。伸び率22%。
ただし、パブリッククラウドサービス対抗馬としてのAzureも負けておらず、伸び率は15%。
他企業はそれほどの伸びを示しておらず、クラウドシフトがさらに進んでいる状況となっています。

クラウドシフトの流れはこれからも進んでいくと思います。
クラウドのサービス内容を理解し、どういう用途にどのサービスをどう適用すればよいかという知識がこれからのIT技術者に求められる知識だと思います。

調査方法

各社の企業HPのURLから得られるAS番号の管理会社から、そのHPサイトの設置場所を推定しています。幾分の誤差はある調査方法になりますが、全体のトレンドを見る程度ならば、問題ないと思います。

コメント